FC2ブログ
topimage

2020-06

パナ食洗機の故障 修理編 - 2020.05.31 Sun

まずは食洗機の下の収納をどかし、点検口の板をはずしました。そして止水栓を10円玉で回して止め、電源プラグを抜きます。
ここまでは私一人でもできますが、さぁ、この先が大変。夫の指示のもと、本体を取り出すためにあちこちのねじを外し、夫がアースと給排水のホースを外し、二人がかりで本体をなんとか引きずり出しました。
取り出す前に、本体底面の排水口キャップを外し水抜きをする必要がありました。(これをしないと水浸しになります)

とにかく外すねじがどんどん増えていき、どれがどこのねじだったか、どこのパーツだったかわからなくなるので、ちゃんと写真やメモをとっておいた方が賢明です。

P1220658.jpg
これは本体を取り出して、後部のパネルを外したところ。普段はキッチンカウンターにコンパクトに収まっていますが、取り出してみると結構な大きさ。ほんの数日間でも、こんなものが床に転がっているとかなりのストレスでした

P1220663.jpg
底面はかなり前から水漏れが起こっていたらしき形跡が。錆と汚れが溜まっていました。初めはどこから水漏れしているのかわからず、水位センサーなどの汚れをチェックしていましたが、ポンプとつながったホース(青いコードの裏側)にパックリと亀裂が入っているのが見つかり、このホースを取り換えることにしました。

P1220661.jpg
同様の症状で実際にこのホースを交換した方の記事を参考にして、200度の高温に耐えるシリコンチューブを入手しました。
モノタロウで1m800円位と超安価 サイズは口径15㎜外径20㎜。本当はもっと太い口径のほうが良かったのですが、モノタロウではこれが最大でした。ちなみに近くのホームセンターではもっと細いチューブしか取り扱いはありませんでした。

P1220665.jpg
シリコンチューブを22㎝位にカットして交換しました。
古いチューブを外すのはかなり力が必要で私には無理で、新しいチューブも、伸びるとはいえ口径が小さかったのでやはり私の力では無理、全て夫にやってもらいました。
カットしたチューブ、ちょっと短かったみたいですが、やり直すのも大変なので、このままにしました。

P1220666.jpg
古いホースは劣化して、外す時にこんなにボロボロになりました。

こうして水漏れを起こしたホースを交換して、再びバラしたパーツを付けて食洗機をもとの場所に戻しました。配線やホースを傷めないようにこれも二人がかりで慎重に行いました。
最後の給排水のホースをつなぐのがこれまた大変です。狭い場所で奥まっていて、片手しか入れることができないのでなかなか作業しづらいようでした。

その後実際に食器を入れて洗う前に、洗剤のみを入れて高温モードで試運転してみました。(機内の油汚れなどを高温で掃除する目的もあり)すると途中水漏れエラーも起らず正常に終了。
そんなわけでようやく昨晩から再び食洗機を使えるようになり、とりあえずホッとひと安心しています。手洗いで洗いカゴに入れておくと、食器棚にしまう時にいちいち水分を拭く必要があったので本当に手間でした。便利さに慣れてしまうともう後戻りはできないことを改めて実感した次第です。

最近は動画などで様々なDIYを紹介したり、修理部品なども一般の人が簡単にネットから入手できるようになって、本当に便利な世の中になりました。それに今の時期、自宅に作業の人が入るのはやっぱり控えたかったので、苦労してでもセルフで直せて良かったです。(大変なのであまりお勧めはできませんが)

今回の修理費用:実質200円
かかった時間:思い出したくありません

パナソニックビルトイン食洗機の故障 - 2020.05.31 Sun

5月半ばになりますが、食洗機を使用中、突如「ピーピーピー」というけたたましいアラーム音が鳴りました。見るとタッチパネルの「高温」と「スピーディ」が点滅しています。おかしいな?と思い、停止ボタンを押してみましたが、表示は消えず点滅したまま解除もできず。
とりあえず取説を出してエラー表示に関する項目を確認すると、どうやら「機内水漏れ」とのことでした。

P1220588.jpg
機種は「NPーP45R1PS」、2008年製パナソニックのビルトインタイプです。
初めての食洗機で、特にこだわりもなく東急さんの標準仕様で入れたものです。
だいたい毎日2回標準モードで動かしていました。

まずはネットで同様の症状で修理した人の記事を検索し、おおよその修理代をで調べてみました。すると修理可能であれば1万~3万円位かかることが判明。続いてパナの相談センターに電話してみましたが一向に繋がらず、それならWEBから修理申込をしようと思いましたが、もう12年も使ってるし、古すぎて修理部品がなくて直らないかもしれないし、そうなると出張費用だけ請求されるだろうし・・・、等々いろいろ考えた挙句、それならいっそ新しく買いなおした方が良いかもと思い、修理申し込みはいったん取りやめました。

さて、買い替えとなると本体だけで軽く10万超え、これに設置工事費をいれると総額12、3万くらいでしょうか。ま、でもこれは仕方ないと思って覚悟することにしました。パナにこだわらなければもっと予算は抑えられそうですし。

食洗機が故障しても、手洗いすれば済むことなので、入れ替え機種はおいおい考えようと思っていたのですが、色々とネットで検索しているうちに、同様のトラブルが多いことと、それを自力で修理している人が結構いることがわかり、どうせ買い換えるならうちもできるところまでやってみようではないかということになったのでした。

こうして1週間ほどあれこれ悩んでる間に、まずは食洗機の中の汚れを徹底的に掃除しました。特に電熱線カバーは油汚れが固まって酷いことになっていたので、なんとかカバーを外してピカピカにしました。
あとは故障する以前から気になっていた、煤のような黒いポツポツ汚れ。ある時期から食器にも付着するようになり困っていました。1年程前に、強力な食洗機の掃除用洗剤を買って試したのですが、全く効果がなく、仕方がないのでメラミンスポンジでこすって取ろうとしましたがなかなか落ちません。
この汚れの正体はいったい何なんだろう?そしてどこから出てくるのか今もって謎です。

いずれにしても本体を取り出して修理するには時間がかかるので、夫の余裕のある週末にやることにして、しばらくは手順などの情報収集に努めました。

だけど・・・、たかが食洗機ですがやっぱり使えないと本当に不便です。洗い物を少なくするように工夫すれば?と言われてもそんな簡単なことではございませんのよ

映画 オーケストラ! - 2020.05.24 Sun

STAY HOME中、動画配信サイト等で自宅で映画を楽しんでいる方も多いかと思います。
我が家もTVからはすっかり離れ、アマゾンプライムの無料体験で連日映画を観る時間が多くなりました。

そんな中で、久しぶりに震えるほど感動してしまった作品がありました

concert.jpg

「オーケストラ!」 
2009年製作のフランス映画です。
ストーリーは、30年前にとある事情で解雇されたロシア・ボリショイ交響楽団の元団員が、本家に成りすまして偽のオーケストラを結成、パリのシャトレ座で公演するまでのお話ですが、ユーザーレビューが良かったので何気なしに見始めたところ・・・。

一応コメディ映画ということで前半はドタバタなシーンも多く、無理がある展開に少々引き気味で見ていたものの、次第に引き込まれていき、ラスト20分の公演シーンに入ったとたん、たちまち涙と震えが止まらなくなってしまいました。

そして観終わった後もなかなか興奮が冷めず、ラストの演奏シーンは何度も何度も繰り返し見てしまいました。今では頭の中でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の美しい主旋律がず~っと流れるほど

でもこの映画、オケ経験者からすると余りにもふざけた内容だと批判も多いみたいですが、オケは聴くだけの私にはそんなの全く関係なく、十分楽しめました気分が沈んだ時に観ると、必ず元気になれる映画です

雨樋ネットの取り付けと土間の補修 - 2020.05.14 Thu

3月の外壁塗装工事が8割ほど進んだとある日、別の業者さんが入られて、落ち葉除け雨樋ネットを屋根の周囲全体に取り付ける作業が行われました。

我が家は小高い山のてっぺんに建っていて、建物の北側にくぬぎやなら等の落葉樹が生い茂っている為、晩秋になると大変な量の落ち葉が降ってきて連日お掃除が大変なのですが、そうした落ち葉が雨樋に詰まってヘドロ化して樋の入り口を塞いでしまい、大雨の日には雨樋に水が通らず、溜まった雨水が溢れて落ちる音がバシャバシャとかなりの騒音にもなっていました。

IMG_2065.jpg
そこでこんな風に家全体の雨樋にネットを設置しました。もちろんその前に詰まったゴミを取り除いて洗浄してもらいました。
(それでもこうして見ると結構汚れてますね)
ちなみに母屋横のガレージの屋根と玄関の屋根は、何年か前に夫が自分で取り付けていました。
ただ母屋の屋根は高すぎて、はしごがあったとしてもとても素人には無理だったのでずっと放置していたのです。

IMG_2067.jpg
こうしてようやく念願の雨樋ネットが全部に設置されました。
屋根も塗装が終了していたので、ピカピカです

IMG_2064.jpg
ちなみに新築時の打ち合わせの段階では、雨樋ネットのことは話題にもならず、住み始めてしばらくしてからその必要性に気づいた次第でした。

そういえば、今回のリフォームにあたっても東急さんからは雨樋ネットの提案はありませんでしたが、地元の工務店さんは前々から困っていることを直に話していたので、ちゃんと記憶していて下さり当然見積もりに入っていました。
こういう地域に根ざしたきめ細かい提案ができるのも地元業者さんのいいところだと思います。

P1220510_20200514145314ab8.jpg
実はガレージの裏側の物置の前の土間が15㎝ほどの円状に欠けて、穴が開いてボロボロになっていたのですが、塗装工事が終わった後にこちらも直して頂きました。簡単な補修・・・というイメージだったのが、実はかなりひび割れが深刻だったとのことで、物置の下以外は全面塗り替えという二日がかりの大工事になりました
それでも工事費用は補償として行って下さり、請求されたのは材料費の5500円だけでした。
この部分は北側で日当たりが悪いため、苔むして汚れが酷かったので、見違えるようにキレイになって気分が上がりました

バラが咲き始めました - 2020.05.10 Sun

今年もバラの季節がやってきました。
例年ならこの時期、斑尾へ行っていて帰ってきたらバラが咲いていた・・・というタイミングでしたが、今年はSTAY HOMEでずっと開花を見守ることが出来ました。
暖冬だったので今年は開花が早まるかな?と思いましたが、このところ朝晩の寒暖差が大きかったせいか、我が家のバラは例年よりも5日ほど遅いようです。

P1220540.jpg
一番乗りは今年も「パウル・クレー」
切り戻し過ぎたのか、根がダメになっているのかわかりませんが、枝がほとんど伸びず、下のほうで花が咲いています。

P1220550.jpg
「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」
本来はもう少し中輪で房咲きになるのですが、バラゾウムシで蕾がダメになり、花数が少ない為、こうして1つ1つの花が大きくなります。
それにしても・・・、赤い外壁にピンク系のバラは絶望的なくらい映えませんね

P1220549.jpg
今年どういう訳か絶好調の「ラピス・ラズリ」
バラゾウムシの被害も少なく、たくさん蕾が付きました。
我が家では貴重なパープル系。

P1220546.jpg
こちらも「ラピス・ラズリ」。開花が進むと色が薄くなるようです。

P1220545.jpg
「ビアンヴニュ」

     P1220544.jpg
久しぶりにジキタリスも植えました。
ここは本来つるバラを誘引していた場所でしたが、ピエールもパレードも短く切り戻してしまったので、ぽっかりスペースが開いていたのです。

こうして何とかちらほら咲き始めましたが、昨年は施肥も消毒もせずほぼ放置。
これではいかんと思いなおし、3月の初めにぼかし肥料を与えましたがそれっきり消毒はまだ一度も行わず。
春先はバラゾウムシ被害が酷いので、見つけてはテデトールしてますが全く追いつきません。
そろそろ黒点病が出始めたので、すっかり重くなってしまった腰を上げて消毒を始める予定です

そういえば、毎年この時期開催される「国際バラとガーデニングショウ」ですが、今年はさすがに中止だろうなと思ってちらっと検索してみたら、なんと一昨年で開催終了になっていたことを知りました。
思い返してみると、結局2013年と2016年の2回しか行っておらず、そのうちまた行きたいなぁと思っていたのに残念でなりません
開催中止の理由は、西武ドーム(今はメットライフドームというらしい)の確保が難しいからだそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (57)
宿根草 (2)
バラ (95)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (3)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
ダブリンベイ (1)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (156)
おそとごはん (38)
おうちごはん (40)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (177)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (21)
斑尾 (13)
カーメンテ (3)
映画・音楽・美術 (28)
DIY (2)
入居後 (9)
建築日誌 (5)
光熱費 (0)
メンテナンス (5)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター