topimage

2017-05

ビバ―ナム スノーボール - 2017.05.15 Mon

3年前、裏庭の花壇を作った際に、真っ先に植え付けた「ビバ―ナム スノーボール」
今年ようやくころころとたくさん花をつけてくれました。

     P1210520.jpg

咲きはじめは淡い緑色だったのが、バラの開花に合わせて純白に変わりました。     
80cm程の高さにまとまって花が咲いていますが、2本のシュートが2m位の高さまでひゅ~んと伸びて、その先にも花が咲いています。
なんだか変な樹形です。こんなんでいいのかなぁ・・・と思い検索してみると・・・。

「シュートと呼ばれる非常に勢いがあるけども、枝分かれしないものがあります。これは早めに根元から切ってしまいます。 」

が~ん この2本のシュートは、根元から切らなくちゃいけなかったようです。どおりでアンバランスな訳です

あと、アジサイと同じで、ビバ―ナムは翌年の花芽を早くに付けるため、剪定は花後すぐに行うのだそうです。
上手く枝分かれさせ、こんもりとした樹形にして花を増やすには、適切な剪定がポイントのようです。
でもこの2本のシュート、今では他の枝よりも太くてしっかりしてるので、とても根元から切る勇気が・・・。
早くに気付いて切っておけば、その分栄養が他の枝に回っていたのかと思うととても残念です。

P1210522.jpg
ひとつひとつの花弁も飾りボタンのようで凄く可愛いくて、ウェディングブーケにも使われるようです。
アナベルに似ていますが、アナベルとは咲く時期が完全にずれています。
今年は花が咲き終わったらすぐに、来年に向けての剪定を忘れないようにしなくては

     P1210527.jpg
     ビバ―ナムと同時期に咲く「すずらん」
     今年はミュゲの日(5月1日)より少し遅れて開花。
     このすずらん、増殖力が強くて、どんどん広がってきています

春のお庭と寄せ植え - 2017.03.17 Fri

寒さもようやく緩んできたので、やっとお庭仕事をする気になってきました。
そうそう、今年は花粉の飛散量が多いと聞いていましたが、例年ほど症状が酷くありません。昨年から飲み始めたビーポーレンが効いているのかな?それとも毎日欠かさず食べているヨーグルトのおかげかな?

     P1210300.jpg
南花壇はビオラとピンクのストック、毎年こぼれ種だけで咲くノースポール、小花のベロニカ・オックスフォードブルーが元気よく咲いています。
ビオラは昨年晩秋に植え付けました。真冬の寒い時期よりも早めに植え付けたほうが株の育ちが良いようです。

     P1210307.jpg
東側のつるバラフェンス花壇。ここでも移植したベロニカがあちこちに咲いてます。
バラの誘引は2月上旬に済ませてありました。でもやったのはそれだけで、土のメンテナンスや元肥はまだこれから(って間に合うのか?)
アイアンの猫のガーデンサインはお気に入りのガーデンショップのセールでゲット♪

P1210305.jpg
こちらにも猫のガーデンサインを。毎日野良ネコ達が出入りするし、庭はすっかり猫だらけ。
バラの新芽も開いてきました。

     P1210296.jpg
玄関脇に寄せ植えを作りました。
ゴールデンクラッカー、花カンザシ、ラナンキュラス(ちょっと開き過ぎ)、ノースポール、ジュリアン、アイビーの組み合わせ。
これまではピンク系が多かったのですが、今年は洋服もそうですが、どうもイエローに惹かれます。こういうビタミンカラーを見ると、元気がもらえるような気がするからかな。

このところすっかりバラ熱も落ち着いてしまったせいか、ずっとお庭はほったらかし(反省)
これから大急ぎでバラの施肥をする予定です。鉢植えの土換えももう何年も行っていないので本当はやったほうが良いのですが、数も多いし、芽も開いてきたので今年はまたしても見送りになりそうです。

コガネムシトラップ - 2016.07.25 Mon

今年は殺虫剤を使っていないので、私の庭には例年になく虫がたくさんやってきます。中でも「コガネムシ」は、開花中のバラの花びらを食い荒らすだけでなく、その幼虫が鉢に潜り込み、せっせと根を食いつくしてしまうという、なんともやっかいな害虫です。

そんなコガネムシを何とか駆除したくてネット検索してみると、「コガネムシ誘引トラップ」という仕掛けが有効だとわかりました。
しかも身近にある材料で簡単に手作り出来てしまうというのです。

で、早速こんなのを作ってみました。

P1210149.jpg
コガネムシトラップです。

使用した材料は
・500mlのペットボトル(または1Lの牛乳パック)
・紐
・S字フック
・(お好みで)ブルーの画用紙+クリアテープ

コガネムシは青色に寄ってくるそうなので、私はブルーの画用紙をペットボトルに巻いて、その上からクリアテープで留めました。
そして、カッターナイフでペットボトルに虫が入れる窓を付け、中にコガネムシをおびき寄せるための餌を入れ、キャップの下に紐を付けてS字フックで吊るすだけです。

肝心のコガネムシをおびき寄せるための餌は、「ディプテレックス粉剤」という薬剤を使って作る練餌が最も有効らしいのですが、出来れば農薬は使いたくないし、いろいろ調べているうちに、とあるブロガーさんのアイデアを参考にして、安価な材料で簡単にできるもので作ってみることにしました。

・果汁800ml位(100%のもの)
・砂糖 大さじ2
・お酢 大さじ2
・焼酎 大さじ2

これらを混ぜて、ペットボトル5、6本に分けて入れました。

P1210150.jpg
こちらは牛乳パックバージョン。たまたまブルーのパックだったので、ただ窓を開けただけ仕様。
ただ、見栄えは相当悪いです しかも道路から丸見えだし・・・。

P1210143.jpg
7月半ばに撮影。バラゾウムシにやられて春にはほとんど咲かなかったモンマルトルとシューラネージュの紅白コンビが今頃になって一斉に咲きました。
同様に春バラが不調だったピエールも、今年はいくつも返り咲いていました。

で、このトラップの効果の程は・・・。

実は初めて設置した時はすでにバラがほとんど終わっていた時期なので、コガネムシには効果が無かったのですが、代わりになんと「スズメバチ」が5匹位入っていて恐怖でした巣が近くにあるのかと思ってビックリしましたが、どうやらうちの庭が通り道になっていたようです。

トラップを仕掛ける高さは、1.5m位の位置が有効のようで、フェリシアのアーチに取り付けたトラップには大きなコガネがいました
一方、バラの枝や境界フェンスなど低めの位置に取り付けた場合は、蛾や蟻が中心でコガネムシにはあまり効かなかったみたいです。

そんなわけで、何もやらないよりはよさそうなので、しばらくこれで続けてみようと思います。
ただこの方法、簡単でよいのですが、相当虫に強い心臓をお持ちの方にしかお勧めできません。
というのも、このトラップの後始末、たいていの虫は平気な私でも結構キツいんです(画像は載せられないのでご想像にお任せいたします

月桂樹の収穫 - 2016.06.03 Fri

東側壁面に植えている月桂樹の葉を、初めて収穫してみました。
小さな苗で購入してからもう何年経つでしょう・・・。ようやく私のあごくらいの高さになりました。

     P1100857.jpg

枝がまっすぐ伸びるので、狭い場所でも育てられるということでこの場所を選びました。
それに日陰にも耐えられるとのこと。午後からは日陰になる場所です。

P1100856.jpg
柔らかい若葉よりも硬くなった古い葉のほうが収穫には向くとのこと。
しっかり水洗いした後しばらく乾燥させれば、煮込み料理などに使えます。

初めの頃はカイガラムシにやられてスス病になったりして、なかなか木が育たなかったのですが、今年に入ってからはみるみる新芽が伸びて勢い良くなってきました。ようやく本領発揮してきたようです。
芽吹く力が強く、多少強く刈り込んでも生育に支障をきたすこともないことから、いろいろな形に仕立てることが出来るようです。
最終的にはこんな感じのスタンダード仕立てにしてみたいなと考えています。そうすれば、株元に宿根草を植えて楽しむこともできそうです。

            laurel.jpg

ただ、風の通りが良い場所なので、これだとそのうちポッキリいってしまいそうで、ちょっと考えてしまいます

P1100860.jpg
干物用の網に入れて只今乾燥中

国バラの展示植物 - 2016.05.21 Sat

P1100089.jpg
18日まで開催されていた国際バラとガーデニングショウ
「ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城 バラの館」
こちらは、ガーデンデザイナー吉谷桂子さんが表現されたお庭です。

なんと、この展示で使用された植物が我が家にやって来ました 

先日、時々出かけていた園芸店のHPをたまたま見たところ、ちょうど翌日から国バラ展示使用植物のケース販売を行うとの告知が目に飛び込み、なにはともあれ出かけてみることにしました。

IMG_1610.jpg
カフェやマルシェ、アンティーク雑貨店も併設されていて、とても素敵な園芸店さんです。
東急ホームズさんと提携して、クーポン対象店舗の一つに加えて欲しいなぁと密かに思っています。

お目当てはバラのお庭に似合うブルー系の宿根草。気に入るのがあればいいなぁ…と思いつつ・・・。

P1100367.jpg
運よく1ケースゲットしてきました。背丈が高くて、車に乗せるのにひと苦労でした
実は欲しかったジキタリスのセットもあったのですが、背丈があまりにも高すぎたので断念。

画像だとちょっと分かりにくいですが、
・デルフィニウム2種類4鉢
・ペンステモン オバタス 50cm丈 2鉢
・タナセタム ジャックポット 50cm丈 3鉢
・スーパーチュニア 2ポット
これだけ入ってました。なんと定価の半額以下です。

とりあえず南花壇に植えてみたのですが、デルフィニウムは夏越しが出来そうにないし、他の植物に関しては知識がなかったのでネットで調べてみると、やはり場所的に少々厳しそうなものもあったりして、せっかく定植したのに初めからやり直しかなぁという感じです大特価だからと言って無計画な衝動買いはよくなかったかな
それでも、お花も出会いがあってこそ。私のところに来た以上、なんとか大事に育てていこうと思います。

IMG_1606.jpg
お店の正面の歩道の花壇にも、とてもセンス良くバラと宿根草が寄せ植えされています。
実は管理されたバラ園を見に行くよりも、こういうナチュラルな花壇のほうがはるかに庭造りの参考になります。

     P1100387.jpg
     私のお庭のバラも今が一番の見頃になりました。
     ただ今年は農薬を使っていないので、虫害で花が少なめです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (51)
バラ (89)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (2)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (152)
おそとごはん (35)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (167)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (19)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター