topimage

2017-09

シュトーレンとドレスデン - 2012.12.14 Fri

今年も作りました

クリスマスの定番、シュトーレンです

P1030538.jpg

作ったのは先週の事。そのほとんどはプレゼントにしたので家には2本だけ残しました。
毎日スライスして少しずつ頂いています。

シュトーレンを作り始めて3年目。毎年同じレシピで作っているのですが、なんせ1年に1度のことなのでなかなか上達しません。それでも多少手慣れてきたので、面倒な工程はホームベーカリーをうまく利用するなどして手間を省いています。ただ、毎回反省点はいくつか残りますが…。

ところで、シュトーレンはドイツを代表するお菓子。その発祥は14世紀、ザクセン州のドレスデンとのこと。

そう、ドレスデンといえば、陶磁器好きな方ならピンときますよね

『ドイツ東部のザクセン州の州都ドレスデンには、18世紀末、その知的で芸術的な雰囲気に魅せられ多くの芸術家が移り住みました。当時、ドレスデンでは個人の絵付け師を含む225の絵付け工房があり、美しくて魅力的な絵付けを施した磁器を求める文化人や富裕層の好みに応じて、素地をドイツ国内やフランスなどから買い入れ、白磁に絵付けをして欧米に輸出していました。ドレスデン磁器は多彩なデザイン、華やかで生き生きとした色彩、大らかで自由な筆さばきが特徴です。(ドレスデン展 開催概要より抜粋)』

これは最近私が初めて入手したドレスデンのティーカップ&ソーサー。
(高級品ではありません

  P1030684.jpg
  リヒャルト・クレム工房の作品。作られたのは1902年~1916年頃。
  ドレスデンの工房の中でも一番多く絵付け師を抱えた、人気の工房だったようです。
  細かい多色使いのお花や、網目の金彩も全てハンドペイントです。

これまでドレスデンの陶磁器は、一見華やか過ぎる色使いや、派手な貴族の絵柄が描かれてたりしてちょっとキツイ気がして敬遠していたのですが、こちらのC&Sは小花柄がメインでそれほど配色もどぎつくなく、実物を手にしてみると思っていた以上に可憐で、何より細かい細工の施されたハンドペイントの素晴らしさに思わず見入ってしまったのです。
カップも小振りで、と~っても薄くて華奢。手のひらに入れただけでなんだか愛おしさを感じてしまいました

ドレスデン発祥のシュトーレンと、その地で作られたカップ&ソーサーでティータイム

  P1030681.jpg 
風邪で喉の調子が悪いので、裏庭に植えてあったオレガノを摘んでハーブティーにしました。
鼻が利かなくて、香りがさっぱりわかりませんでしたが…

  P1030677.jpg
お揃いのプレートがないので、アビランドのBBプレートに乗せて。
ドレスデンと比べると、リモージュの色使いは儚げです。
カップ&ソーサーに合うような、同じドレスデンの小振りのコンポートかプレートが欲しいなぁと思っています。

だけど、こうやってシュトーレンのカット面を見ると、ペタンコで盛り上がりが足りないなぁと反省

そのシュトーレンも、クリスマス前にすっかり無くなってしまいそうなので、材料がまだ余っていることもあって2回目の作成に入ろうかと思ってます。今度はもう少し山高にして、ラム酒も増やそうかな

エンジェル・プレート - 2012.11.22 Thu

クリスマスっぽいかな?と思って、飾ってみました。

P1030401.jpg

エンジェルのプレートを中心にして、シルバープレートとガラスの雑貨を並べただけなのですが・・・。

P1030405.jpg

プレートはオーストリア製のアンティーク。
エンジェルのお顔が穏やかなので、お気に入りです

P1030406.jpg

新入りのクリーマー&シュガーポット。ちょっぴりミニサイズで可愛いんです
ケンブリッジのこのパターン、ますますハマっています

  P1030407.jpg

久しぶりにシルバー磨きもやりました

それでは、楽しい3連休をお過ごしくださいね

エレガントグラス - 2012.10.29 Mon

ずっと探していたエレガントグラスのカップ&ソーサーを、先日ついにお迎えすることができました

P1020929.jpg
アメリカ ケンブリッジ社のエレガントグラスです。
画像の背景が淡い色なのでエッチングが解りにくいですが、「リボンとガーランド」のパターンがびっしりと描かれています。
購入したショップさんによると、このパターンは1933年から39年のわずか6年間しか製造されなかったシリーズのようで、その為流通量が非常に少ないのです。

P1020935.jpg
同じエッチングのリキュールグラスやウォーターグラス、4パートディッシュなど、これまでコツコツ集めていましたが、C&Sはこれまで一度も見かけることがなく…。
それが先日いつも拝見していたショップさんのブログで突如眼に飛び込んできたのです。お問い合わせ後、即座にオーダーしてしまいました

P1020934.jpg
紅茶を入れるとこんな感じに・・・。
リキュールグラス類に比べると、ガラスがしっかりと厚めなので、熱い紅茶ももちろんOK。なのでヴィンテージ品でもあまり神経質にならずに気軽に普段使いできます。かといって、ごつごつした感じは全くありません

それにガラス器というとどうしても夏のイメージですが、これだけ可愛いと年中使いたくなってしまいます
とにかく持ち手の部分や縁のフリフリ感など、もう全てがエレガント

P1020926.jpg
頂き物のゴディバと、アントワネット展で買ったチョコレートでティータイムしました

P1020932.jpg
はるばるカナダからやってきました
今ならまだ在庫があるようなので、お探しの方は是非こちらのショップさんを覗いてみてくださいね→★★★

本日のティータイム - 2011.10.17 Mon

10月に入っても日中は汗ばむような陽気が続き、秋花粉も治まってきたのでガーデニングには今が最適な気候です。
今日も花壇用の穴掘り&土壌改良に励みました。

最近、コンクリートや岩盤などの可愛くない記事ばかりが続いたので、久々のアンティーク陶磁器の登場です。
ちなみに例の岩盤は、週末に夫が頑張ってドリルで見事に粉砕してくれました

それでは、数少ないコレクションの中から、フランス製アビランドのティートリオを紹介します。

     Haviland_pinkrose_Trio.jpg

豪華な金彩装飾がちょっと珍しいタイプですが、アビランドらしい可憐でロマンチックなパターンです。

     pinkrose_cs.jpg
カップの形はおなじみの330蕃と同じです。

ただこちらのプリントパターンはあまり出回っていないのか、ほとんど見かけることがありません。

     pinkrose_plate.jpg

ティータイムのお供の焼き菓子は、大好きなガレットとレーズンビスクィ。

お庭仕事の合間のティータイムは本当にホッとします

お庭ではつるはしを振り上げ、相当勇ましい奥さんというイメージをご近所さんから持たれてしまっている私
来春には、お花に囲まれてお庭で優雅にティータイム出来たらいいな~



マドレーヌ - 2011.05.20 Fri

今度は人間用のおやつです

週末用にマドレーヌを焼きました。

          madeleines.jpg

粉類をふるったりするのが面倒なので、材料をパイレックスの大きめのボウルに入れて、泡立て器でまぜまぜするのみ。バターも溶かしバターを使うので、常温に戻す手間もなく、あっという間にできあがります。
アーモンドスライスがあったのに、すっかり乗せるのを忘れていましたちょっと地味なマドレーヌですね。

そうそう、バラのマドレーヌ型を入手しようと思いつつ、それも忘れてました~

     0520_2teatime.jpg
フランスのアビランドのキャセロールが大好きです。どれも1900年代初期のアンティーク。
可憐な小花プリントや繊細なエンボス加工は、見ているだけでいとおしく、ほんわかと気持ちが和んできます
ティートリオも同じアビランド。プリントのパターンは全部バラバラですが、こうやって一緒に並べても違和感が無いところもいいんです。
キャセロールは、スイーツ類を並べる以外に、サラダや茹で野菜、チラシ寿司や煮物等を盛ったりして活用しています。

          0520teatime.jpg
かなり手抜きのマドレーヌでしたが、美味しくできましたバターとお砂糖をたくさん使っているので、食べ過ぎに注意しなくては

花粉もようやく終息し、1年で一番過ごしやすい季節になりました。
お庭に出る時間も長くなりましたが、この時期は紫外線に要注意
地黒な上に、毎年手と足の甲が日々のうっかり日焼けで真っ黒になるんです。

しっかり日焼け対策して入梅前にいろいろやっておかなくては~。
バラも見頃なので、近くのバラ園に出かけてみようと思っています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (54)
バラ (90)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (3)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (152)
おそとごはん (35)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (168)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (20)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター