topimage

2018-06

2018年 春の庭 - 2018.05.22 Tue

昨日の庭の様子です。
本来この時期ならバラが最盛期のはずなのですが、今年はバラの花数が少なく、代わりに宿根草ばかりがやたら元気に咲いています
通りから見渡すと、例年になくうっそうとした状態です。

P1220176.jpg
南花壇のビオラやノースポールはいよいよ終わり。そろそろ夏の花に入れ替える時期が来ました。

白いフェンスの裏にはバラを4株植えているのですが、咲いているのは右端の赤い「モンマルトル」だけ。残り3株はアブラムシとバラゾウムシに蕾をやられてほぼ全滅。

とりあえず、きれいに咲いたものをいくつか・・・。

P1220221.jpg
つるバラの「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」。今年は花数が少なく、その分花径は例年の倍の大きさ!その上これまで一つの枝に1つしか咲かず、脇の蕾はすべてボーリングしてましたが、今年はこの通りの房咲きです。

P1220233.jpg
「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」
バラゾウムシの被害がなければ、毎年たくさん蕾が上がるのでもっと華やかになるのですが・・・。

P1220245.jpg
つるバラの「パレード」
比較的新しい苗で、昨年まではあまり花が咲きませんでしたが、今年は一番元気。今もたくさんシュートが上がってます。
一際目立つ鮮やかなピンク。でも半分以上の蕾はバラゾウムシに台無しにされました。

P1220219.jpg
鉢植えの「ラピスラズリ」
我が家では貴重なヴァイオレット系。
初め育てるのが難しいのでは?と思われましたが、意外と強かったです。

P1220212.jpg
地植えで一番花数も多く安定しているのは、この「アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク」。シュートもたくさん上がっています。

P1220230.jpg
アプローチに地植えしたミニバラの「須恵姫」
花径1㎝ほどの小さな花を、毎年株いっぱいに咲かせてくれる優秀なバラです。

今年はバラの無農薬栽培を始めて3年目。
ひとまず3年は我慢して、無農薬の環境に耐えられるだけの強い株に育てるのが目標ですが、残念ながら耐え切れずに消えていったバラもいくつかあります。

さらに今年は気候の影響なのか、冬の土替えが上手くいかなかったのか、虫が原因以前に半数以上はとにかく蕾数が少ないのです。
中でもこれまで順調だった「ローズポンパドゥール」や「パウルクレー」に至っては、「ブルヘッド」のような奇形の花が1輪咲いたのみ。この2種のバラは特にお気に入りだっただけに、今年は少々寂しいバラシーズンとなりました。

そろそろ黒点病も広がり始めました。
夏の間に少しでも多く葉を残してあげられるよう、引き続き見守っていこうと思います。

春バラ準備完了 - 2018.03.19 Mon

先週、後手後手になっていたバラのお手入れがようやく全て完了しました。
本来、冬場の作業は遅くても2月いっぱいには終わらせるべきだったのですが、今年は1月末に積もった雪が2月中旬までの寒さで根雪になってしまい、全く手が付けられない状態でした。

ようやく雪が解けたと思ったら、今度は季節外れの暖かさが続き、同時にバラの芽も動き始めて大焦り

それでもなんとかつるバラの誘因作業と、ナエマ以外の16鉢のバラの土替えを2月末までに終わらせることが出来ました。

IMG_0991.jpg
これまでは市販のバラの土を使っていましたが、今回は鉢の数が多いし、無農薬でシンプルな庭作りを目指しているので、土も自分で配合。
手作りミックス堆肥(バーク堆肥、牛ふん、くん炭)に赤玉土を混ぜています。(お世話になっているバラ資材のお店のレシピを参考にしました)

IMG_0989.jpg
スクエア鉢からつるバラを引っこ抜くのが時間がかかって一番大変でした。
本来、夏場の台風時に、鉢が倒れないようにと思って、つるバラをはじめ大きくなるバラはスクエア鉢にしていたのですが、土替えに苦労したくないので、今年からはすべてプラスティックのバラ専用鉢に統一することにしました。

IMG_0997.jpg
昨年元気がなかった鉢からは、コガネムシの幼虫がゴロゴロ出てきたり、どんどん土が下がってきて変だな?と思っていた鉢には大量にミミズが発生していました。
ミミズって土には良いというイメージがありますが、バラには良くないようで、ミミズのふんで土がドロドロになっていました。

IMG_0998.jpg
交換する鉢が足りなくなって、ナエマだけスクエア鉢のまま。来季まで持ち越しです。

IMG_1008.jpg
空いたスクエア鉢は、8号鉢の鉢カバーのようにして使用することにしました。転倒防止にもなります。

3月からは地植えのバラの土メンテナンスに着手。こちらは今までのマルチングをどかして、そこに鉢で使用したミックス堆肥を株の周りに漉き込み、新たにバークチップでマルチングして終了。

バラの新芽を少々痛めてしまいましたが、その後なんとか芽出し用の施肥まで終わってホッとしています。
他にもブルベリーやゼラニウムの植え替えなども無事完了。

このところのぽかぽか陽気で元気に新芽が展開していますが、すでにアブラムシが発生しているので、ほっとしたのもつかの間、これからは虫パトロールが日課になります。

それにしても今年の花粉は量が多くて大変。車やバルコニーの床が黄色くなるほどです

今年のバラを振り返って - 2017.12.04 Mon

新しいPCからの初投稿です。

10月からぽつぽつと咲き続けているお庭のバラが、このところの寒さでなかなか蕾が開きにくくなってきたので、摘み取ってお部屋で開花させています。

P1220095.jpg
黄色いバラは、今春新苗で迎えた「ユリイカ」
赤いバラは、ずっと絶好調な「モンマルトル」。

今年はバラ栽培を無農薬にして2年目。春はバラゾウムシに蕾を食べつくされて花が激減し悲惨な状態でした。夏の間は、黒点病が蔓延し、ほぼほとんどのバラが全ての葉を落としてしまいました。それでも9月になると、秋バラを咲かせようと当たり前のように次々と新芽を付けていきました。
幸い秋は天敵のバラゾウムシがほとんどいなくなり、代わりに青虫やヨトウムシが大量発生したものの、毎朝目を凝らしてテデトールしていた努力が実って、多くの蕾を守ることができました。

結局、肥料は春先と秋口の目出し肥2回だけ、消毒は基本の「次亜塩素酸水」を散布するのみ。時々それにカルシウム剤を混ぜる程度。ただ、この消毒は週1ペースで行うことがベストで、天候や自分の都合で途切れることもあり、そうなるとあっという間に黒点病が進んでしまうので要注意です。

我が家の場合、春のバラゾウムシ駆除、秋のヨトウムシ駆除、シーズン通してのまめな消毒がポイントであることがわかってきました。シンプルにこれさえ守っていれば、無農薬栽培もなんとかやっていけそうに思えてきました。

加えて休眠期の間に、今までほとんど怠っていた土替えを行って、来春に備えたいと思います。

2017春 ローブ・ア・ラ・フランセーズ - 2017.05.30 Tue

無農薬2年目の我が家のバラは、今年も虫害で花付きがすこぶる貧弱でした。

そんな中でもそこそこ咲いたバラ。

     P1210585.jpg
     4年目を迎えたローブ・ア・ラ・フランセーズ(5月15日撮影)

P1210578.jpg
今年は花数が少なかった分、1つ1つの花のサイズが一回り大きかったです。反面、例年だと1つのステムに蕾が2、3個付くのですが(といっても咲くのはそのうち1つだけ)、今年は脇の蕾がほとんどありませんでした。

     P1210574.jpg

アップの画像だとたくさん咲いているように見えますが、実情はこんな感じで葉もスカスカです。
今年は少しだけアブラムシの襲来に遭いましたが、他のバラよりもずいぶん被害は少なかったです。
今は下のほうから黒点病が始まっています

4年目といえば、本来一番株が充実して勢いがあるはずなのに、バラってお手入れをサボるとこんなにも寂しくなってしまうんですね。土も古いし、鉢も根が詰まってキュウキュウなのかな?早く一回り大きな鉢に植え替えてあげたいです

可哀想なポンパドゥール - 2017.05.13 Sat

今年で何年目になるのか、もうすっかり判らなくなってしまった、うちでは古株の「ローズポンパドゥール」
     
     P1210544.jpg
     5月9日撮影(うちの庭猫 トラちゃんパトロール中)
     まだ全部は開花していませんが、御覧の通り葉っぱも蕾も少ないです。 
     背後にちらっと見える黄色い紙は、虫取り用の強力粘着シート。
     アブラムシ対策に付けてみましたが、うちではアブラムシには全く効果なし。
     
過去記事を辿ってみると、この子は2012年に挿し木で増やした株なので、今年で5年目になります。
あ、その間一度も鉢の土替えなんぞしていません

P1090936.jpg
これは昨年の同日撮影したポンパ。開花が早かったので様子がずいぶん違います。
昨年は春先にオルトランだけ撒き、その後は無農薬に。それでもこれだけ咲いてくれていました。

さすがに5年間土替えもせずにいると、土壌の状態は悪いに決まっていますし、その上今年は完全に農薬も無しとなると悪い方向へ向かう一方です。土壌のバランスが悪い株にアブラムシが付くということもわかったので、どんなに大変でも土替えはやるべきでした
もしかすると、コガネムシの幼虫なんかもゴロゴロ出てきたりして

P1210556.jpg
5月11日撮影
そんなひどい管理下でも、健気に咲いてくれるバラたちに感謝&ごめんなさい

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (56)
宿根草 (2)
バラ (93)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (3)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (153)
おそとごはん (36)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (174)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (21)
斑尾 (13)
カーメンテ (3)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (5)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター