topimage

2017-09

可哀想なポンパドゥール - 2017.05.13 Sat

今年で何年目になるのか、もうすっかり判らなくなってしまった、うちでは古株の「ローズポンパドゥール」
     
     P1210544.jpg
     5月9日撮影(うちの庭猫 トラちゃんパトロール中)
     まだ全部は開花していませんが、御覧の通り葉っぱも蕾も少ないです。 
     背後にちらっと見える黄色い紙は、虫取り用の強力粘着シート。
     アブラムシ対策に付けてみましたが、うちではアブラムシには全く効果なし。
     
過去記事を辿ってみると、この子は2012年に挿し木で増やした株なので、今年で5年目になります。
あ、その間一度も鉢の土替えなんぞしていません

P1090936.jpg
これは昨年の同日撮影したポンパ。開花が早かったので様子がずいぶん違います。
昨年は春先にオルトランだけ撒き、その後は無農薬に。それでもこれだけ咲いてくれていました。

さすがに5年間土替えもせずにいると、土壌の状態は悪いに決まっていますし、その上今年は完全に農薬も無しとなると悪い方向へ向かう一方です。土壌のバランスが悪い株にアブラムシが付くということもわかったので、どんなに大変でも土替えはやるべきでした
もしかすると、コガネムシの幼虫なんかもゴロゴロ出てきたりして

P1210556.jpg
5月11日撮影
そんなひどい管理下でも、健気に咲いてくれるバラたちに感謝&ごめんなさい

今年の一番乗りは・・・ - 2015.05.07 Thu

昨日早朝斑尾から帰ってみると、今年初のバラが咲いてました。

P1080372.jpg
予想通り、「ローズポンパドゥール」でした。ちなみにこちらは挿し木で増やした2代目。

     P1080374.jpg
     立派に育った2代目は鉢管理。花付き、花持ち共に良いです。もちろん香りも抜群。

P1080381.jpg
東側のフェンス。この花壇は2年目を迎え、つるバラは昨年の倍の量になりました。
ラレーヌビクトリアもピエールも蕾がいっぱい。今後が楽しみです。
画面左下に初代「ローズポンパドゥール」が植えてありますが、こちらはまだ開花せず。

P1080383.jpg
庭に咲いたオルレアとキャットミントを添えて。

相変わらずバラゾウムシ被害は続いていますが、病気は予防出来ているようで、おおむね順調です

開花2番手は・・・ - 2014.05.13 Tue

「ザ・メイフラワー」に続いて2番目に咲いたのは・・・、

     P1060875.jpg
今年は「ローズ・ポンパドゥール」でした。
但しこちらは、挿し木で増やした2代目玄関脇の西側に鉢植えで管理しています。
初代は植替えで大ダメージを与えてしまった為、一時は枯れ死も覚悟していましたが、なんとか持ちこたえています。

P1060874.jpg

P1060876.jpg
玄関を通るたびに、ポンパの香りがふわっと漂ってきます。
丈夫で花付きも良く、見た目も香りも素晴らしいバラです

ところで・・・、

裏庭にこぼれ種で生え出てきた芽が、何なのかよくわからなくて、数本を表庭に移植して育てていました。
私の予想では、昨年知人から株分けしてもらったオルレアか、
もしくは昨年植えたハーブ「チャービル」のどちらかだろうと思って、花が咲くまで見届けていたのですが・・・。

そのどちらでもありませんでした

P1060881.jpg
「オヤブジラミ」というただの雑草だったんです。
あれこれ検索して、ようやく突き止めました

P1060882.jpg
「オヤブジラミ」・・・しかし名前が悪すぎ・・・シラミですもん
チャービルと間違えて食べなくて良かった

P1060883.jpg
こちらは「オルレア」

新芽の頃は、全く区別がつかない位そっくりだったんです
この分だと、来春もまた迷いそう~

ポンパドゥ―ル 2番花 - 2013.07.02 Tue

ローズポンパドゥールの2番花が咲いてきました。

       P1050137.jpg
       1番花に比べると、花径は小さくなりましたが、
       もともと大輪なので2番花でも十分見応えがあります。
       画像右上は今年伸びたベーサルシュートの蕾。
       またしばらくお庭が華やかになりそうです

P1050139.jpg
白いフェンス前に植えている宿根草の「スカビオサ オックスフォードブルー」と「バーベナ ハスタータ ピンク」もどんどん伸びて1m位になりました本当は50cm位でよかったのに、環境が良いのか伸びすぎ~
なので、来シーズンは別の場所に植え替える予定。
スカビオサは花茎が長くて切り花にも最適です。

P1050141.jpg
最近お気にいりの「カラミンサ」。
ミントの香りのするハーブで、小さな薄紫~白の花が初夏から秋まで長く続く宿根草です。
とにかく丈夫で他の植物と相性も良く、出しゃばらず引き立て役になってくれそう。
あんまり可愛いので、あとからもう1ポット追加購入しました

その他にもフェリシア、ラファエルなど、バラの2番花の蕾がどんどん上がってきています。
そしてなんと今年は、一季咲きのピエールにも少ないながら2番花の兆しが・・・
株が充実してくると返り咲くとは聞いていましたが、今から開花が楽しみです。

ローズポンパドゥール2013春 - 2013.06.26 Wed

今年のバラレポートを読み返していて、ローズポンパドゥールだけちゃんと記事にしていないことに気づきました、
記録も兼ねているので、遅ればせながら今年の様子を改めてアップします。

       P1040658.jpg
       5月14日。
       台風対策でオベリスク仕立てにしていますが、誘引などはしていません。
       シュラブ樹形ですが、主軸となる枝はかなり太め。
       地植え2年めで、樹高は1.4m位。
       これ以上は高くならないようです。

       P1040727.jpg
       一番賑やかだった5月20日。
       サイドシュートがたくさん出て、
       枝の先端は房咲きになって次々に花が開いていきます。
       大輪のロゼット咲き。花持ちも割と良いと思います。

P1040732.jpg
どんどん蕾が開いてきて、花自体が大輪で重いので、早め早めに花を摘んではお部屋に飾っていました。

P1040709.jpg

P1040689.jpg
我が家では東南角の一番目立つ所に植えてあります。
強いフルーツ香もあって、道行く人が香りを楽しまれていたようでした。

去年6月の台風で、大事なベイサルシュートが2本も折れてしまったので、今年は樹形も悪く花も少なめでしたが、新しいシュートが伸び、そのまま気付かずに放置してしまっていたので2番花の蕾がたくさんあがってきていて、今にも咲きそうな勢いです

そして、去年折れたシュートを挿し木にした苗が、とっても立派に育っちゃいました
病気にも強くて、挿し木も簡単。ローズポンパドゥールってとっても強いバラだと思います。

2番花が咲き始めたらまたレポートしたいと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (54)
バラ (90)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (3)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (152)
おそとごはん (35)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (168)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (20)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター