topimage

2017-05

2015春 ルシエルブルー&ちぃ3歳 - 2015.05.10 Sun

昨冬に東花壇から鉢上げした「ルシエルブルー」が咲き始めました。

なぜわざわざ鉢上げしたかというと、雨に打たれると特別花が傷みやすく、またボーリングすることが多かったので、雨風をしのげる軒下に移動させたのでした。

P1080428.jpg
今はリッチェルの10号鉢に植えています。この場所は風で煽られて倒れやすいので、本当は重いスクエア鉢にしたいのですが、強風や台風の際には、軽い鉢でないと屋内に移動出来ないので、悩むところです・・・。

P1080429.jpg
ふと気付いたのですが、本来薄紫色の花色のはずが、今春はなんだかピンクが強いように感じます。
環境が変わったせいでしょうか?
それとも連日の高気温のせい?
両サイドのビアンヴニュやポンパと色合いが近すぎて、イマイチ目立たなくて残念な感じです
(追記:バラの家さんのサイトを見てみると、「高温期は重ねが薄くモーブピンクの花色です」との記載がありました。やはり今年は例年よりも気温が高いようです)

P1080430.jpg
一枝に房咲きになるので、この後も長く花が楽しめます。

台風と言えば、まだ5月だというのに来週初めに関東地方に上陸するようではありませんか
ロザリアンにとって、バラのトップシーズンの台風なんて、もう冗談じゃありませんよって感じで、全国各地から悲鳴が聞こえてきそうです

それにしても最近は季節が前倒し気味だったり、各地で火山活動が活発になったり、マグロが大量死したり、イルカが浜に打ち上げられたり等、自然界に何かおかしな兆候が続いていてちょっと不安になります。

今回の台風、出来ることなら途中で消滅して欲しいです

おまけ
P1080327.jpg
ポキチ(=ちぃちゃん)、今日で満3歳になりました。

    P1070499.jpg
    家に来る人全員に対して「シャ~」「ウ~」って威嚇して怖がられ、
    更に無抵抗にもかかわらず噛みつこうとするので、みんなから嫌われまくっています
    どうかこの子とは目を合わせないでやって下さい(猿か?)

2014春 ル・シエル・ブルー - 2014.12.05 Fri

これは東側の花壇前列に地植えした「ル・シエル・ブルー」の春の開花の様子です。
5月20日頃から下旬にかけて。

     P1060985.jpg
     一本の枝先にたくさん蕾がついて、春から秋にかけてずっと咲き続けます。
     ピンク系が多い私のバラ庭の中で、薄紫の花色は新鮮です。 
P1060877.jpg

P1070284.jpg

P1070040.jpg

P1070038.jpg
花付きはとても良いのですが、雨や風、強い直射日光にどうも弱いようで、蕾が開き切らないうちに花びらが茶色くなったり、ボーリングする蕾も非常に多いのです。
花弁数がとても多く、上手に開花すると本当に可愛いのですが、残念ながら半分以上が硬い蕾のまま朽ちてしまいました。

どうやらこの品種は雨にあたらない環境で育てる方が適しているということなので、年が明けて休眠期に入ったら鉢上げしようと思っています。
何度も植替えしてしまって可哀想ですが

他にも場所を移動させたいバラがいくつもあって、頭を悩ますところです。なかなか思った通りにいかないですね



さて、暮れも押し迫ってきたというのに、ここにきて急に我が家のキッチンボードを新しく入れ替えることになり、ついでにオーブンも買い換えることにしました

今年は2年ぶりにシュトーレンを焼く為に準備していたのですが、オーブンが変わってしまうので、ちゃんと使いこなせるかちょっと心配です。でも、今までのなんちゃってオーブンレンジと違って高性能オーブンなので、きっと上手くいくと期待しています
P1080112.jpg

ル・シエル・ブルー - 2013.10.22 Tue

今週末にかけて、またまた大型台風が向かってきています。
毎回観測史上最大級なんて言ってますが、今回は27号だけじゃなく28号までもが後から追っかけてくる始末。

今の家に住み始めて5年。こんなに台風に怯える年は初めて
それでなくても普段から風あたりの強い土地なので、台風のたびに屋外に置いてあるものを風裏や屋内に退避させるのにはもう慣れましたが、それ以上の被害、屋根や車が飛ばされてしまわないか、大雨で裏の崖が崩れてしまわないか、そんな事ばかり考えてビクビクしてしまいます。
そう思うと、今更ですが1戸建って考えものかもしれませんね・・・。

今月は急に気温が下がって、思ったほど秋バラが咲いてくれません

      P1050652.jpg
東側にオベリスク仕立てにした「ル・シエル・ブルー」。今年の春新苗で迎え、夏に地植えにしました。
背丈は1m位にまで伸びています。

P1050651.jpg
ご存じ「バラの家」さんが育成された「ロサ オリエンティス」ブランドのひとつ。
日本で生まれ、日本の環境と嗜好に合わせて作られたバラ。
耐病性があり育てやすいと言う通り、黒星病にもほとんどかかりませんでした。
(それに比べて同じブルー系の「ブルーバユー」は散々な目に)

P1050712.jpg
淡い藤色で、花弁数が多く、ふわふわした中輪のロゼット咲き。
くしゅくしゅっとした形が可愛くて、どうもこういうバラばかり選んでしまうようです

「ル・シエル・ブルー」はフランス語で「青い空」
以前にもちらっと触れましたが、エディット・ピアフの「愛の讃歌」の歌いだしから命名されたもの。
歌詞はロマンティックだけど、本当に青い空が崩れ落ちて地球が崩壊してしまうようなことにはならないで欲しいです

P1050717.jpg
昨日、雨が降る前に・・・と急いでカットしました。
中央の「ル・シエル・ブルー」の他、シュシュやポンパドゥール、ナエマ、フェリシア、そしてラベンダーとユーカリ、アイビー等と一緒に。

引っ越して間もない頃はお花は買ってくるものでしたが、バラのシーズンはお花に困らなくなりました。
リビングはほんのりバラの芳香が漂っています

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (51)
バラ (89)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (2)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (152)
おそとごはん (35)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (167)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (19)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター