topimage

2015-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015春 3年目のフレグランシズ - 2015.06.30 Tue

現在、私の小さなお庭では、バラの2番花が次々に開花しています。

なのに相変わらずPCが復旧していないので(というか修理してもらえなくて放置状態←いぢわるされてる?)、撮りためたバラの写真の整理すらできません😢😢😢

そんなこんなでblogもすっかりやる気をなくしかけていますが、これまであまり記事にしていなかったバラが、この春見事に成熟してたくさん花をつけてくれたので、少しやる気が復活しました(笑)

うちにきて3年目になる「フレグランス・オブ・フレグランシズ」です。
比較的遅咲きのこのバラが開花したのは5月18日頃。ただ、1番花の蕾はほとんどがバラゾウ虫の被害に遭ったため、花はごくわずかでした。道路に面した南花壇の中央に配しているので、この場所が寂しくなるのはとても残念な事態なのです。

20150630201445672.jpg
6月23日撮影

今年はもうこれで終わりかな~と思っていたら、なんと次から次へ蕾があがってきて、隣のシューラネージュとモンマルトルの2番花と併せて、梅雨空の南花壇を華やかに彩ってくれました。

20150630201444ab0.jpg
今年1月に大苗で迎えた「シューラネージュ」(6月23日撮影)
201506302014476fe.jpg
3年目の「リパブリック ドゥ モンマルトル」今年始めに、もともと地植えした場所から1mほど移植しましたが、あまりダメージもなく育ちました。(6月23日撮影)

201506302014488aa.jpg
四季咲き木立性でオープンカップ咲きのフレグランシズ。樹高は1m位。枝も茎もしっかりしているのでどの花もまっすぐ天を仰ぎ、あちこち暴れることはありません。やや地味ながらも薄墨桜のような花色が上品で大人っぽい雰囲気をもっています。そしてなんと言ってもその名が表すように、この一株だけで素晴らしい芳香をあたり一面に漂わせてくれるのです。

バラは3年目以降に本領を発揮するとよく言いますが、本当にその通りでした。
決して主張しすぎず、なのにしっかりとした存在感。バラも人間もそんなタイプが私は好きなのかもしれません。
南面花壇には少し地味過ぎると思い、実は場所移動を考えていたのですが、その計画は白紙に戻すことにしました。
スポンサーサイト

2015春 3年目のラレーヌビクトリア - 2015.06.11 Thu

一昨年の春、新苗で購入し、東側のラティスフェンスに誘引した「ラレービクトリア」が、3年目の今年たくさん花をつけてくれました。

20150611110608dd2.jpg
前記事のローブアラフランセーズと同じくらいの中輪タイプ。鮮やかなピンクとコロンとしたカップ咲きが目を惹くバラです。

201506111106093ee.jpg
我が家のバラのなかでは早咲きタイプで、5月9日頃から開花し始めました。樹勢も旺盛で、開花真っ盛りなのにサイドシュートがずんずんと伸びて、そこにもあっという間に蕾を付けました。そのおかげで5月下旬まで花を絶やすことがなく、暑さにも負けず長く楽しませてくれました。

20150611110612045.jpg
今年は初めて内々でオープンガーデンなるものを開催したので、なるべく花を残したくて開花中にはあまりカットしなかったのですが、このラレーヌもとても花持ちが良かったです。元々鮮やかなピンクなので、褪色してもあまり目立ちません。

20150611110610fff.jpg
フェンスの右側は、ラレーヌから一週間遅れて蕾が開き始めたピエール ドゥ ロンサール。この後、5月20日頃には、2つのつるバラでフェンスがいっぱいになり、一番の見頃になりました。
ラレーヌの手前にはポンパドール、その隣の下段中央にはすっかり開ききったシュシュ。

今年は薬剤散布をこまめに行ったのが効いたのか、春バラシーズンはバラゾウムシ以外の病害虫に悩まされることはほとんどありませんでした。
すると、上手く花を咲かせられるようになったら、もっと欲が出てきて(笑)、今度は開花時期やレイアウトがやたら気になるようになってきました。開花の遅いものが並んでいたらその場所だけいつまでも寂しかったり、同じような色合いのバラが並んでいると個性を潰しあってつまらなく見えたりするのです。

そんなわけで、今から来春への課題が満載です!

2015春 ローブ・ア・ラ・フランセーズ - 2015.06.10 Wed

1ヶ月前からついにパソコンが起動しなくなり、ずっと記事をアップ出来ずにいました。
いまだに復旧していませんが(TT)、タブレット用にキーボードを買ってもらい、文字入力の不便さはすっかり解消したので、なんとかblog再開します。

ただ、画像の取り込みがまだまだ慣れなくて時間がかかりますが・・・。

お庭のバラはすっかり終わってしまいましたが、今年はこれまでで最高の花付きでした。

特に株が充実してきた2年目のつるバラ。今回は玄関左側に配置した鉢植えのローブアラフランセーズです。

201506101415274fd.jpg

5月7日頃から開花し始め、

   201506101415291b8.jpg

5月18日頃に満開見頃を迎え、今年は連日高温だったにも関わらず、月末近くまで花をキープしていました。

20150610141526750.jpg
咲き進むとシャローカップになり、だんだんブラウンがかったピンクになっていきます。

   20150610141524ad9.jpg
   ステムが短めで小輪なので、フェンス仕立てでも枝が暴れず、管理しやすいです。

201506101415227b9.jpg

大抵のバラは開花後はしべが見えてきてそのうちハラハラと花びらが崩れてしまうのですが、このローブさんは開き切ることがまるでなく、そのままドライフラワーになるかのように褪色していきました。
そのため、花ガラを摘む作業はほとんどなく、3週間近く花姿を楽しむことができました。ただ、ひとつ気になったのは、先に咲いた花を摘まなかったせいなのか?脇のつぼみがほとんど開花せずに朽ちてしまったこと・・・。

そして色合いが控えめなので、単独で配置すると少し寂しげな感じになります。せっかくの雰囲気を生かすためにも来季はレイアウトを変えてみる必要がありそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (54)
バラ (90)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (3)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (153)
おそとごはん (36)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (168)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (20)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。