topimage

2015-10

不思議な色合い ラ・パリジェンヌ - 2015.10.29 Thu

サンセット・グロウに続いて、6月にホムセン半額セールでお迎えしたのが・・・

「ラ・パリジェンヌ」
img56864416.jpg
作出  2009年 フランス Delbard
系統  Sh シュラブローズ
花色  オレンジ、黄複色
花形  抱え咲き
花径  大輪
芳香  中香    
開花  四季咲き
伸長  1.2m

上の画像はネット上からお借りしたものですが、苗に付いているラベルと同じものと思われます。
オレンジとイエロー~ピンクの微妙なグラデーションは、他のバラには見られない魅力を持っていて、いつかは私のお庭にも・・・と思っていました。

最初の花が開花したのは10月10日(夏剪定は9月5日でした)

     P1090005.jpg
     リッチェルの8号鉢で育てています。
     樹高は現在1m位。
     枝が暴れることはなく、病害虫の被害もほとんどなし。
     この子がホムセンの売れ残りさんとはとても思えません
     デルバールのバラは、丈夫で育てやすい品種が多いです。

P1090002.jpg
とても鮮やかな複色。
春のバラを見ていないのでわかりませんが、秋は少し濃いのかな?
それ以前に、ラベルのイメージと全然違うんですけど・・・

蕾から開き切るまでを追ってみました。
P1090050.jpg
2015.10.19
P1090053.jpg
2015.10.20
P1090054.jpg
2015.10.21
P1090090.jpg
2015.10.22早朝
この形が、一番ラベルのイメージに近いようです。
が、その数時間後には・・・
P1090106.jpg
2015.10.22 13時
ポカポカ陽気であっという間に開いてしまいました。
花弁が多くないので、余計にしべが丸見えになってしまうようです。
このまま散ってしまうのかな?と思ったら・・・

P1090115.jpg
2015.10.23 翌朝早朝の様子
不思議な事に、花がくしゅっと閉じていました。
気温が下がると共にこのように閉じるみたいです。

     P1090112.jpg
     長いステムの先に花が咲きますが、重みで花首が俯くこともありません。
     このあと、開花した花は切り取ってお部屋に・・・。
     棘がほとんどなくて、その上ステムが長いので、切り花には最適です。

P1090144.jpg
カット後2日経った状態。
くしゅっとした形を保ったまま、やや褪色してドライフラワーっぽくなりました。

ちなみに、ショップさんのレビューや実際に育てていらっしゃる方のブログを見てみると、ラベルや商品画像と実際の花姿が違いすぎるという意見がかなりありました

気温や見せ方によって多様な顔を持つラ・パリジェンヌ。
ちょっとイメージとは違っていましたが、個性的な表情はまさにオシャレなパリのお嬢さんのよう
ピンク系のバラが多い私のお庭に、新しい風を吹き込んでくれました

N BOX - 2015.10.27 Tue

新車です

P1090162.jpg

といっても買い換えたわけではなく、車検の代車なんですけど・・・。
今年5月に登録したばかりのピカピカさん。そろそろ買い換えてねってことなんでしょうか

アイドリングストップ付き、車高があって見晴らし良し、室内も滅茶苦茶広し。
内装もなかなか高級感あり。両側スライドドアも小さいお子さんのいるご家庭には便利そう。

最近の軽自動車の進化ぶりはすごいと聞いていましたが、本当にすごかった。
普段は古くてやたらうるさい車に乗っているので、あまりに静かで乗り心地が良くてもうビックリです

P1090187.jpg
最近の車って、ボタンを押してエンジンかけるんですね。
慣れないので、緊張して汗だく~
でも、傷つけたりしたら大変なので、何処にも行けませんが・・・

夕方返却してきます

衝動買いのサンセット・グロウ - 2015.10.23 Fri

今年6月に近くのホームセンターで、バラの大苗を半額セールでいくつかゲットしました
基本バラ苗は値段が高いので、憧れていた品種が思いがけずお買い得になっていたりするとすごくラッキーな事
多少樹形が悪かったり、病気にかかったりした売れ残りさんでも、丁寧に管理すればみんな元気に育ってくれますし。

そんなセール苗のうちのひとつ。

「サンセット・グロウ」
70996i1.jpg
2007年 イギリス Christopher H.Warner作出
開花性:返り咲き
香り:強香(青リンゴ〜フルーツ系)
花形:波状弁咲き
花径:中輪
伸長:2.5m

こちらに関しては、完全ノーチェックのバラでした
その時は花も咲いていなかったので初めはピンとこなかったのですが、付いていたラベルとにらめっこしているうちにみるみる興味が湧いて来たのです。というのも、「近年稀に見るつるバラの銘花」なんて書いてあったんですもの・・・それに耐病性も強いとのこと(これ大事)

ただ、もううちにはつるバラを植える場所も無いし・・・と思い一旦は諦めました。が、翌日になってもどうしても気になって仕方が無くなり、朝一でお店に行ってとうとうお迎えとなりました。

     P1090029.jpg

買った当初は強剪定されていましたが、シュートもたくさん出て、たった4ヶ月で2mを超えました。
大きくなることを考えて、購入後すぐにリッチェルの10号鉢に植え替えて正解でした。
「夕映え」「夕焼け」という名にちなんで、西日が当たるガレージ前に置いてます。

P1090018.jpg
10月18日撮影
今のところ、蕾は4つしか付いていません。

P1090034.jpg
10月19日撮影
ひらひらと花びらが広がり始めました。

P1090062.jpg
10月20日撮影
早くも「しベ」が・・・。咲き進むにつれて淡く透明感が増してきました。
ただ翌朝には、弱い雨にあたっただけで、早々にキレイな花びらが散っていました。
花持ちはそんなに良い方ではなさそうです。

このサンセット・グロウ、世界的にも評価の高いバラで、7つも賞を取っているとか。
ちょっと「パウル・クレー」と色かぶりした感がありますが、タイプが違うのでまぁ良しとして。
こちらも来春、花数が増えて満開になった姿を見るのがとても楽しみになりました。その時はもう少しオレンジが強く出て、名の通り夕焼け色になるような気がします。
つるはしなやかタイプ。耐病性も強いので意外と管理しやすいかもしれません。
さぁこれからどこにどう仕立ててあげようかなぁ

LEDキャンドルライト - 2015.10.21 Wed

ひと月ちょっと前のことですが、ある大雨が降った夜でした。
そんなに酷い雷雨でもなかったのに突然我が家の地域が停電してしまい、約3時間程(20時半位~23時半まで)電気が使えないという事態になりました。

とりあえず部屋の明かりは停電用に常備しているキャンドルやLEDランタンなどをリビングいっぱいに配置。ところがキャンドルの場合、しばらくして芯の部分が倒れたり短くなったりすると、たちまち火が消えてしまうんですよね(特に小さなキャンドルは)
それに猫がいると倒したり火傷しないか心配になりますし(ポキチは毛が長いので、燃えうつったらそれこそ大変)短時間ならともかく3時間もたくさんのキャンドルを点灯したままの状態は、それだけでなんだかストレスを感じてしまったのです。

その時ふと思い出したのが、数年前からコストコで販売していた「LEDキャンドルライト」

昨年ブロ友さんも買われていて気になったのですが、うちは適当な置き場所も無いし・・・と思って見送っていたのでした。
コストコではちょうどクリスマス商品が出始めるこの時期、既に今年も入荷しており、クーポンで安くなったらすぐに買おうと思っていた矢先、グッドタイミングで800円オフのお知らせが・・・

P1090033.jpg
ゲットしました

7個セットで、電池も付属しており、1つ1つに電池をセットしてすぐに使えます。便利なリモコンも付属しているので、一度に全部点灯できます。もちろん本体にもスイッチが付いているので個別にONOFFすることも可能。

     P1090074.jpg

とりあえずリビングと玄関の小さなキャビネの上に置いてみましたが、停電時だけでなく、普段からインテリアとしてこのまま置いておけるのが良いです。
(暗い中ゴソゴソとキャンドルやランタンを取りだすのは意外と面倒です)

P1090069.jpg

ほんのりバニラの香りがして、本物のろうそくのように明かりがゆらゆらと揺れて良い雰囲気
その上、自動点灯プラス5時間or10時間消灯タイマー付きなので、帰宅時にキャンドルの明かりでお出迎え・・・なんてことも。
火事の心配も無いし、これは良いお買い物でしたシーズンオフになって運よく安くなっていたらもう1セット欲しい位です。

     P1090084.jpg
     階段のフットライトにしてもいい感じ

ゆっくりと・・・シューラ・ネージュ - 2015.10.19 Mon

春バラと違って、秋バラはゆっくり咲き進むので、次の花がなかなか咲かなくて少しもどかしくなる今日この頃です

それに、一度にたくさん蕾が開くのではなく、1輪咲いて散って、そしてまた1輪咲いて・・・という風に間隔を空けて咲いていくので、まとまって咲いた画像が撮れないんですよね・・・。
それでも、次々に蕾が上がってきているので気長に待つしかありませんそしてもうしばらく過ごしやすいお天気が続いてくれたら・・・と願うばかりです。(急に寒くなると、蕾が開かずボーリングしちゃうことが多いんです)

とりあえず、今咲いているバラの中から、まだきちんと記事にした事の無かったバラをご紹介。

P1090010.jpg
「シューラ・ネージュ」10月10日撮影

今年1月に大苗で迎え、南花壇中央に地植えしました。

P1090024.jpg
10月18日撮影

「雪の上」という名前の通りの真っ白な花びらが、ふわふわ&くしゅっとなんとも形よく咲いてくれました。

実は春もそこそこ咲いたのですが、雨に打たれたり強い日差しを浴びると、すぐに花が傷んであまり美しくなかったのです。

P1090037.jpg
10月19日撮影
香りも強く、花持ちも良いです
まだ若い苗で枝もひょろひょろ。来春までの成長が楽しみです。

ところで、9月に入ってから、つるバラのいくつかに黒点病が発生し、その後毎週のように農薬を散布してはいますが、いっこうに治まりません

P1090026.jpg
こちらはアーチのフェリシア。ごく一部しか写っていませんが、これが2株全体に蔓延していて、かなり葉を落としています。
その次にひどいのが「ラレーヌビクトリア」。そして裏庭の「つるアイスバーグ」と「マダム・アルフレッドキャリエール」といったように、ほとんどがつるバラです。この傾向は毎年変わらない事がわかりました。ただいずれも比較的病気に強い品種のはずなので、毎年同じ場所に決まって発生するということは、どうやら我が家の生育環境(風当たりなど)によるものかと思われます。

今年に関しては7月までは順調に育っていましたが、8月に入ってから長雨が続いたり、夏休みで家を開けたことなどで、月に2回しか消毒できなくて、それが原因であっという間に感染したのでしょう・・・。
その後はいろいろと薬剤をローテーションして対処してみたのですが、一度蔓延するとなかなか手の施しようがなく、今やすっかり諦めモード
そんな状態なので、消毒してもあまり効果がないのなら、これ以上無駄な悪あがきはせず、こまめに葉を除去しながら、農薬なしでシーズン終了を待ってもいいかなと思うまでに至りました。

と同時に、これを機に思い切って無農薬栽培にチャレンジしてみようかと急遽思い始めたのでした

という訳で、現在その為のノウハウを収集して勉強中です

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (54)
バラ (90)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (3)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (152)
おそとごはん (35)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (168)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (20)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター