topimage

2015-11

エコキュートの故障! - 2015.11.30 Mon

新築から8年めを迎えた我が家ですが、とうとう設備関係の中でも最重要ともいえる給湯器(エコキュート)に不具合が発生しました

P1090334.jpg
キッチン側のリモコン。
数日前にも同じエラーが表示され、取説を見ながらエラー解除した後は問題なく復旧。念の為サポートに連絡したところ、「動作しているようならそのまま様子を見て下さい」との事でその時には修理依頼はしませんでした。
それが3日後、朝起きて見たらまた同様のエラー。前回同様エラーを解除して沸増しを何度か試みましたが今度はもうダメでした。

サポートに再度連絡し、当日の夕方5時過ぎに修理に来て頂くことに。
するとヒートポンプユニット内のマイクロスイッチを交換するだけということで、作業時間30分ほどで無事復旧しました原因は経年劣化だそうです。

ひとまず大事には至らなくてホッとしました。この寒い時期に給湯が止まってしまったら、お風呂はもちろんのこと、炊事でお湯が使えないとなると大変ですから

実はほんの少し前に、愛用の掃除機が5年半で故障してしまい、遠方のサービスセンターまで持ち込み修理(コードリールの交換)したばかりでした。何かひとつが壊れ始めると続いちゃうんでしょうか・・・

ところで下の画像はエコキュートのタンクの下にある配管です。

P1090323.jpg
まるで衝撃画像
エコキュートの配管を被っている保温カバーがボロボロになっていました。
今回の不具合の原因はてっきりこのせいかと思い込んでいましたが、サポートの方曰く、
猫の爪とぎ跡
だそうです同様のトラブルは結構多いんだそうです。

そういえば半月ほど前から、お庭の芝生の上に堂々とお粗相をするノラちゃんがいて、やれやれと思っていたのですが、まさかこんな所で爪とぎまでしていたなんて捕まえてお説教して、うちの子にしてやろうかしら

ちなみに、修理に来て頂いた方に補修について相談したところ、エコキュートメーカーでは出来ないので、設置した業者さんに依頼して欲しいとの事でした。もしくは、ホームセンターなどでパーツを販売しているので、自分で簡単に取り付けることもできるそうです。
凍結するほど寒くなる前に急いでDIYしなくては

マリー・ローランサン展 - 2015.11.27 Fri

先日の「江戸東京たてもの園」に出かけた帰りに、近くの美術館に立ち寄りました。

IMG_20151118_145631_2CS.jpg
府中市美術館
このあたりは、私が運転免許を取った時の教習コースだったので、久しぶりに訪れてみてすごく懐かしかったです。

     IMG_20151118_162723.jpg
中学の頃好きだった元宝塚の安奈淳さんの影響で、ファンになったローランサン。
2011年に閉館してしまった蓼科高原のローランサン美術館の収蔵品70点あまりが公開されています。

パステルカラーで描かれた、「愛らしさ」を凝縮したような可憐で幻想的な作風が特徴のローランサン。
今回の展覧会のキャッチコピーは「フランスカワイイ」

1904年の自画像から1953年までの作品を一気に見るのはもちろんこれが初めてでした。
初期の頃からパステル調のいわゆる「ローランサン・スタイル」だったのではなく、紆余曲折を経てローランサンらしさを確立していった様子がよくわかりました。

P1090321.jpg
画集も手に入れました。
いつも寝る前にパラパラとめくって見ているのですが、とても穏やかな優しい気持ちなれます

秋の遠足 - 2015.11.19 Thu

昨日は、以前から行ってみたかった場所へ・・・。

小金井公園内にある「江戸東京たてもの園」。
ジブリの「千と千尋の神隠し」のモデルになったという建物がある場所です。
独身時代に10年間もすぐ隣町の国分寺市に住んでいたのですが、小金井公園には何度か行ったことがあったのに、たてもの園は今回が初めてでした。

午後から雨予報だったせいか、来園者はまばら。
屋外展示なので、雨だとちょっと辛いなぁと思っていましたが、2時間半の滞在中はなんとか雨に会わずに済み、ゆっくり全展示を見ることが出来ました。

その中から、ほんの一部を紹介。

IMG_0946.jpg
ちょうど紅葉シーズン、園内は落葉樹のじゅうたんが出来つつありました。
上の画像は、今年3月に東京都有形文化財に指定された、建築家前川國男邸

IMG_0951.jpg
開放的でとても居心地のいい空間

IMG_0965.jpg
大正時代の田園調布に建てられた、当時では珍しかった全室洋間の家
憧れの白いパーゴラが

     IMG_0959.jpg
     
この他、いろりのある茅葺きの農家から、純日本家屋、洋館、明治・大正・昭和のモダンな日本家屋など、当時の暮らしぶりが伺える貴重な建築物を一同に見ることが出来ます。

家具や調度品などのインテリアも素敵なものがたくさん使われていて、ちょっとした住宅展示場のよう

こういう古い建物を見ていると、今の家を建てるにあたって、なにも新築にこだわらなくても良かったな…という思いが今更ですが湧いてきます。
と同時に、日本家屋の素晴らしさをこれもまた今更ながら認識し、北米輸入住宅だからといって我が家にはあえて作らなかった「和室」が無性にうらめしくなります

IMG_1058.jpg
昔の下町の風情が楽しめる東ゾーン。
ジブリムードたっぷりの街並みです。

園内は思った以上に敷地が広く、またほとんどの建物の中に入って見学することが出来るので、じっくり全部見ようと思う結構時間がかかりました。
それに、建物の中に入る時には靴を脱ぐところがほとんどなので、歩きやすく脱ぎ履きしやすい靴で行かれることをお勧めします。
また、第一駐車場を利用される場合は、うんと奥の方に停めるのがベスト。入口近くだと、たてもの園まで果てしなく遠いです

なお、今週末3連休は、特別に夜間も開園して「紅葉とたてもののライトアップ」イベントがあるそうです。
紅葉狩りもできるし、アンティークやレトロな雰囲気が好きな方なら、きっと時間を忘れて楽しめることでしょう

ラピスが咲いています - 2015.11.16 Mon

今年のGW明けに、新苗で迎えた「ラピスラズリ」がこの秋初めての花をたくさん付けてくれました。

     img62548620.jpg
     (上の画像はバラの家さんからお借りしました)
品種名 ラピスラズリ     
作出  2014年 日本 木村卓功作出
系統  S シュラブ

花色  青みのある藤色
花形  カップ咲き
花径  中輪
芳香  中香    
開花  四季咲き  
樹高  0.6m

     P1080420.jpg
     我が家に来たばかりの頃はこんな小さな苗でした。(5月9日)

秋までは樹を大きくすることに務め、花はひたすら我慢
一応バラの家さんのタイプ3に属する品種(薬剤散布と肥料が必要)なので、軒下において雨にあたらないようにし、病害虫に気を付けて育てました。

その結果・・・。

     P1090006.jpg
     (10月10日撮影)
樹高は60cmということだったで、かなりコンパクトな姿を想像しておりましたが、ゆうに150cm以上はあります。60cmというのは何かの間違いなのか、はたまたうちのが突然変異なのか
肥料のやり過ぎで徒長してしまったのでしょうか。

P1090237.jpg
コロンと可愛いカップ咲き。その大きさと形はラレーヌビクトリアによく似ていますが、ラピスはもっと花弁数が多くギュッと詰まっています。

P1090221.jpg

     P1090235.jpg
10月19日頃から蕾が開き始め、もうすぐひと月が経とうとしていていますが、今でもまだ花が咲き続いています。花数も多い上に花持ちも他のバラに比べて抜群に良いです。
ただ、急に寒い日が続くと、花がギュっとしまってややボーリング気味になります。

     P1090178.jpg
     お庭のカラミンサやラベンダーと一緒に
     紫系の小花とよく合います

すっかりコンパクトなタイプだと思っていたので、倍以上に成長してしまって少々戸惑っていますが、冬には短く剪定してこのまま鉢で育てていくつもりです。春はどんな樹形になるか楽しみです。

鎌倉散策 - 2015.11.13 Fri

急遽湘南方面へ用事が出来たので、少し足を伸ばして久しぶりに鎌倉まで出かけてみました。鎌倉はかれこれ20年ぶり位。
今回は初めて車で行くことにしました。そう、今年の春にうちの近くにインターチェンジが出来てから、湘南方面へのアクセスが格段に便利になったから。
でも鎌倉と言えば有名観光地で年中混雑してるし、駐車料金も高い。そもそも空きがなかったら駐車場難民になるし・・・と思いながらも、紅葉シーズン前なので意外と空いてるかも・・・ということでダメもとで行ってみました。

茅ヶ崎海岸ICを下りて海岸沿いの道をひた走り、ようやく長谷駅近くに到着したものの、案の定目に付く駐車場はどこも満車一旦コンビニで休憩し、どうしようかと来た道を戻っていたら、あっさりと空いている場所を見つけてホッとひと安心

最初の目的地は「鎌倉文学館」

IMG_0881.jpg
旧前田侯爵家別邸だった洋館を鎌倉市が譲り受け、文学館として活用されています。

館内で開催中の「鎌倉文士」に関する展示を見てきましたが、展示内容よりも建物やそのロケーションにときめいてしまいました。
内部は撮影禁止だったのが残念。

そしてここに来た目的はやはりバラ園。186種221株が見られます。

IMG_20151112_140235.jpg
秋バラがたくさん咲いていました。こちらのメインは大輪のハイブリットティーローズのようです。
鎌倉由来の名前が付いたバラや、知らない名前のバラがほとんどでした。もうずっと長く育てられているのでしょう。

IMG_20151112_135940_1CS.jpg
秋バラは色が濃く鮮やかですが、やはり花数の多い春のほうが見ごたえがありそうです。
次は必ず春バラシーズンに来てみようと思いました。

その後、江ノ電に乗って鎌倉駅へ移動。人混みの小町通りを抜けて辿りついたのは・・・。
IMG_20151112_151536.jpg
こちらでは「鎌倉の映画人 監督 小津安二郎と俳優 笠智衆」の企画展を見てきました。

ちょうど2年位前から古い邦画を見るようになって、今やライフワークのようにすっかり夢中になっていますが、始まりは小津映画からでした。
お二人の愛用品や当時の映画資料など、興味深いものばかり。
観光地の喧騒とは程遠い静かな空間で、心地よいひと時を過ごすことができました。

IMG_20151112_163101.jpg
江の島に夕日が沈む前に帰路につきました。帰りも渋滞なしでスイスイ。所用時間は片道約1時間20分。電車を乗り継ぐより全然早いです。

鎌倉に車で行くなんて無理かな・・・とずっと思っていましたが、なんでもチャレンジしてみるものですね。
先日ついに私もスマホデビューしたので、これでますます怖いものなしです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Keity

Author:Keity
好きなもの
・おいしいものを作ること
 &食べること
・猫
・アンティーク食器収集
・ガーデニング(バラ栽培)
・釣り(ブラックバス・トラウト)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

お庭作り (10)
ガーデニング (51)
バラ (89)
ピエール・ドゥ・ロンサール (4)
ローズポンパドゥール (10)
フェリシア (9)
つるアイスバーグ (3)
ラファエル (4)
ザ・メイフラワー (3)
ベル・ドゥ・セニョール (2)
フレグランス・オブ・フレグランシズ (3)
マダム・アルフレッド・キャリエール (2)
ブルーバユー (0)
ラレーヌビクトリア (2)
シュシュ (2)
ビアンヴニュ (5)
ル シエル ブルー (3)
リパブリック ドゥ モンマルトル (2)
アストリット グレーフィン フォン ハルデンベルク (1)
ナエマ (2)
ローブ・ア・ラ・フランセーズ (2)
シューラ・ネージュ (1)
パウル・クレー (3)
ラピスラズリ (1)
パレード (0)
ラ・パリジェンヌ (1)
マリー・アントワネット (1)
サンセット・グロウ (2)
ジェームス・ギャルウェイ (0)
グリーンアイズ (0)
須恵姫 (0)
インテリア・雑貨 (76)
アンティーク (6)
インテリア雑貨 (11)
ローラアシュレイ (8)
お買い物 (24)
IKEA (8)
コストコ (13)
美味しいもの (152)
おそとごはん (35)
おうちごはん (39)
パーティー (11)
スイーツ (26)
糖質OFF (15)
雑記 (167)
にゃんず (9)
釣行記録 (0)
お出かけ (19)
斑尾 (12)
カーメンテ (2)
映画・音楽・美術 (26)
DIY (2)
入居後 (4)
建築日誌 (1)
光熱費 (0)
メンテナンス (1)
外構 (0)

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター